女性ホルモンと汗の関係

まずホルモンは大きく分けて女性、男性ホルモンに別れます。女性ホルモンは発汗を抑制する作用を持ちますが、男性ホルモンには反対に汗を促す作用があるのが基本的な働きです。しかし女性ホルモンは特に複雑で、更に分類すると黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類が存在しているのですが、発汗に対する役割がそれぞれ異なっているのです。黄体ホルモンであるプロゲステロンは女性の生理に関するホルモンで、子宮筋や子宮内膜の働きを調節する役割を担っています。妊娠すると常に分泌され、妊娠状態の維持や基礎体温の上昇させる作用があります。一方、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは排卵にかんするホルモンであり、卵巣や子宮の発達を促進させる役割を持ちます。そうして女性らしい体型をつくりだすのですが、更年期を迎えると排卵分泌されなくなるのが特徴です。黄体ホルモンは体温を高くする作用があるので、汗を多く出させる働きがあることがわかり、逆に卵巣ホルモンは汗を抑える働きがあることがわかります。よって女性ホルモンの相互作用によって発汗の量に差が出るのです。生理前に汗を多くかくと感じるのは、黄体ホルモンの働きが優位になることが起因しています。では何故更年期にも汗が多く出るのかと言うと、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になるためです。女性ホルモンが原因の多汗は婦人科などで治療することが可能です。和漢植物エキス配合・地肌に優しい頭皮の臭いを解消するミスト

顔汗を止めるツボ

顔汗のツボとして代表的なツボを幾つか紹介していきます。まず手を握りしめてみましょう。すると小指の横に環状線のシワの延長が出来るわけですが、その飛び出たところに後谿(こけい)というツボがあります。親指やボールペンを使用して押してあげると効果的です。次に手を開いて、掌を受けに向けます。そして小指側の手首の付け根から約1.5センチ腕の方向にあるのが陰げきというツボです。次に乳首から3~5センチ程度上の部分に屋翳(おくえい)というツボがあります。手の中指や人差し指のはらなどで抑えると効果的です。また脇の真下にある大包(だいほう)は見つけやすいツボなのでぜひ探してみてください。一番効果的な方法は手を交差して屋翳と大包を一緒に押さえることです。舞妓さんは帯をバンド代わりにしてツボを押して顔汗を防ぐほど有効的なツボなので、ぜひ一度試してみましょう。また専用の指圧ベルトなども通販で購入することが可能です。顔汗は他にも漢方を服用することも有効です。発汗の原因は個人によって様々で漢方を用いることで改善する場合もあります。自分でできる改善策としては食生活を見直す方法です。発汗は生活習慣を見直すことで治ることが多い病気ですからまず自身の生活習慣を振り返ってみると良いでしょう。歯の黄ばみに!ホワイトニングジェルで磨いて落とす

汗かきの原因と対策

汗かきの原因の多くは精神的なものと言われています。人前に出たりするなどして普段と異なった精神状態になった時に起きるあがり症や赤面症などと同じものであることが多く、多汗症という病名がつくこともあります。この場合、対人緊張症と合併していることが多いので、コミュニケーションが出来るようになることで改善される傾向にあります。精神的なリラックスをすることが大きなカギとなるわけですが、必要であればセミナーやカウンセリングを利用してみましょう。対策としてはまず漢方を服用する方法が挙げられます。先述した通り、汗かきの原因として精神的な原因もありますが、肥満や食生活、自律神経など個人差があります。その原因を突き止めることで効果的な漢方を服用するのです。自分でも手軽に出来る方法としてツボ押しがあります。例えば労宮と言う掌中央にあるツボは自律神経の働きを整えるツボですし、大包というわきの下にあるツボは汗を止める作用があるので押してみましょう。また顔の汗かきに困っている場合は首の後ろを冷やしたりするなどすると効果的です。口コミで評判のバストアップゼリーはこれ