顔汗を止める治療方法

顔に汗が出る顔面多汗症の治療法は薬物療法が一般的です。日本皮膚科学会が作成したガイドラインでは有効とされる治療薬が現在特定されていませんが顔以外の局所性多汗症に行うボツリヌス注射や神経遮断薬が有効とされています。ボツリヌス注射とは食中毒の原因菌であるボツリヌス菌が産生するA型ボツリヌス毒素を使った注射のことです。発汗は交感神経から放出されたアセチルコリンという物質が汗腺を刺激することで発汗を促します。ボツリヌス注射を打つと、このアセチルコリンの分泌が抑制されるので発汗を抑制することが可能です。1回の注射で半年ほど効果が持続しますが、注射の際に受ける痛みが強く、保険が適用されないため治療費が高額になることがデメリットと言えます。このボツリヌス注射は狭い範囲の多汗症に適した治療法なので、多くの病院で普及しています。しかし病院によっては顔面多汗症に対応していないこともあるので、事前に確認が必要です。一方の神経遮断薬は、アセチルコリンの放出を妨げることで発汗を減らす飲み薬です。顔汗にも効果がありますが、この薬は全身に作用するので関係する器官すべての働きを抑制してしまうのがメリットです。目がかすんだり、喉の渇き、便秘などの副作用があるので注意が必要です。また多汗症には漢方も有効です。首から上の部分が多汗症の人は柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)という薬を処方される人が多いようです。また精神的な緊張が原因の人には精神安定剤なども有効です。歯周病・口臭・虫歯予防の歯磨き粉の詳しい情報はこちら 歯ぐきの腫れや出血にオススメの歯磨き粉はこちら