運動不足解消で顔汗を改善

実は運動と汗は密接な関係にあります。慢性的に運動不足だと汗がかくにくい体質になってしまうので注意が必要です。汗にもいい汗、悪い汗があり、前者はサラサラとした水のような汗で無臭ですが、後者は雑菌が繁殖しやすい状態にあり、悪臭を放つ特徴があります。この悪い汗は運動不足が原因で皮膚に張り巡らされている末梢血管が血行不良の状態となることで汗腺に対して酸素の供給不足が起きているのが原因です。また、運動不足は肥満傾向になりがちです。皮下脂肪が増えると体の中で発生した熱を放出しにくくなり、汗かきになってしまいます。体型はそんなに太っていなくても汗かきであると言う場合は内臓脂肪が多い可能性があります。このようなタイプを隠れ肥満と呼ばれ、痩せている人でも注意が必要です。汗かきは基本的に生活習慣を見直すことで改善する人が多いと言われています。そのため、運動もまた効果的です。特に毎日有酸素運動を行うことでいい汗をかくようになりますし、少し身体を動かしただけで汗がふき出てくるのを防ぐことも出来ます。ウォーキングや自転車など、ちょっとした運動を30分以上続けてみましょう。パールホワイトプロを使ってみた!効果・口コミを検証