女性ホルモンと汗の関係

まずホルモンは大きく分けて女性、男性ホルモンに別れます。女性ホルモンは発汗を抑制する作用を持ちますが、男性ホルモンには反対に汗を促す作用があるのが基本的な働きです。しかし女性ホルモンは特に複雑で、更に分類すると黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類が存在しているのですが、発汗に対する役割がそれぞれ異なっているのです。黄体ホルモンであるプロゲステロンは女性の生理に関するホルモンで、子宮筋や子宮内膜の働きを調節する役割を担っています。妊娠すると常に分泌され、妊娠状態の維持や基礎体温の上昇させる作用があります。一方、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは排卵にかんするホルモンであり、卵巣や子宮の発達を促進させる役割を持ちます。そうして女性らしい体型をつくりだすのですが、更年期を迎えると排卵分泌されなくなるのが特徴です。黄体ホルモンは体温を高くする作用があるので、汗を多く出させる働きがあることがわかり、逆に卵巣ホルモンは汗を抑える働きがあることがわかります。よって女性ホルモンの相互作用によって発汗の量に差が出るのです。生理前に汗を多くかくと感じるのは、黄体ホルモンの働きが優位になることが起因しています。では何故更年期にも汗が多く出るのかと言うと、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になるためです。女性ホルモンが原因の多汗は婦人科などで治療することが可能です。和漢植物エキス配合・地肌に優しい頭皮の臭いを解消するミスト