顔汗を止めるジェル「サラフェ」とは?

サラフェは顔汗用に特化した制汗ジェルです。この商品を口コミを見てみると手軽に使用できる点が特に好評です。パール粒大のジェルを手に取って顔全体に塗るだけで制汗効果を発揮します。朝はスキンケア後、メイク前に、昼夜は化粧の上からそのまま塗り込むことが出来るので女性には特に好評です。また洗顔フォームで簡単に落とせるので肌に負担をかけることがありません。その秘密は配合されているパラフェノールスルホン酸亜鉛が発汗抑制作用があり、毛穴から出る顔汗に密着することで汗を防ぎます。また同じく含まれている植物エキスが肌と毛穴を整え、サラサラとして顔を保ってくれるのです。そして和漢シャクヤクエキス&アロマが女性特有の身体のバランスを整えてくれます。顔の発汗は様々な原因がありますが、女性のホルモンバランスなども理由として挙げられます。和漢シャクヤクエキス&アロマがココロとカラダをリフレッシュすることで症状を改善させてくれるでしょう。そして最後に紫外線やストレスなどにより過剰に分泌された皮脂を茶エキス&ワレモコウエキスで清浄な肌になるように働きかけます。

舞妓さんはなぜ顔に汗をかかないの? 

舞妓さんが汗をかかない理由はその服装に秘密があります。着物の帯を締める位置にちょうど顔と脇の汗を止めるツボがあり、刺激することで汗を抑えているのです。場所としては脇下にある大包(だいほう)というツボで全身にくまなく栄養を与える重要な役割を果たしているツボでもあります。帯を巻けば自然とその大包を圧迫することが出来るので、汗をかくことがないのです。自身で行う場合は、痛くならない程度に指の腹で圧迫するのが効果的です。大包は両方の脇にありますから両方とも軽く摘んでみても効果があります。では、何故皮膚を圧迫すると汗が止まるのでしょうか。ヒトの身体は皮膚が圧迫されることで皮膚圧発汗反射と呼ばれる反応を起こします。すると発汗はもちろん、自律機能に抑制効果を及ぼすことが研究で分かっています。側胸部、臀部など場所によって制汗効果が出る場所は異なってくるのですが、舞妓さんが締める帯の位置はちょうど上半身全体の汗を抑制できるようになっているのです。これを余り着物を身につけない人が活かすににはどうするればいいかと言うと、女性ならばブラジャーをきつめにつける方法があります。位置が帯と一緒なので効果が期待できます。また、専用のバンドなども販売しているので、使用するとよいでしょう。

顔汗を止める治療方法 

顔に汗が出る顔面多汗症の治療法は薬物療法が一般的です。日本皮膚科学会が作成したガイドラインでは有効とされる治療薬が現在特定されていませんが顔以外の局所性多汗症に行うボツリヌス注射や神経遮断薬が有効とされています。ボツリヌス注射とは食中毒の原因菌であるボツリヌス菌が産生するA型ボツリヌス毒素を使った注射のことです。発汗は交感神経から放出されたアセチルコリンという物質が汗腺を刺激することで発汗を促します。ボツリヌス注射を打つと、このアセチルコリンの分泌が抑制されるので発汗を抑制することが可能です。1回の注射で半年ほど効果が持続しますが、注射の際に受ける痛みが強く、保険が適用されないため治療費が高額になることがデメリットと言えます。このボツリヌス注射は狭い範囲の多汗症に適した治療法なので、多くの病院で普及しています。しかし病院によっては顔面多汗症に対応していないこともあるので、事前に確認が必要です。一方の神経遮断薬は、アセチルコリンの放出を妨げることで発汗を減らす飲み薬です。顔汗にも効果がありますが、この薬は全身に作用するので関係する器官すべての働きを抑制してしまうのがメリットです。目がかすんだり、喉の渇き、便秘などの副作用があるので注意が必要です。また多汗症には漢方も有効です。首から上の部分が多汗症の人は柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)という薬を処方される人が多いようです。また精神的な緊張が原因の人には精神安定剤なども有効です。

顔汗を止めるツボ

顔汗のツボとして代表的なツボを幾つか紹介していきます。まず手を握りしめてみましょう。すると小指の横に環状線のシワの延長が出来るわけですが、その飛び出たところに後谿(こけい)というツボがあります。親指やボールペンを使用して押してあげると効果的です。次に手を開いて、掌を受けに向けます。そして小指側の手首の付け根から約1.5センチ腕の方向にあるのが陰げきというツボです。次に乳首から3~5センチ程度上の部分に屋翳(おくえい)というツボがあります。手の中指や人差し指のはらなどで抑えると効果的です。また脇の真下にある大包(だいほう)は見つけやすいツボなのでぜひ探してみてください。一番効果的な方法は手を交差して屋翳と大包を一緒に押さえることです。舞妓さんは帯をバンド代わりにしてツボを押して顔汗を防ぐほど有効的なツボなので、ぜひ一度試してみましょう。また専用の指圧ベルトなども通販で購入することが可能です。顔汗は他にも漢方を服用することも有効です。発汗の原因は個人によって様々で漢方を用いることで改善する場合もあります。自分でできる改善策としては食生活を見直す方法です。発汗は生活習慣を見直すことで治ることが多い病気ですからまず自身の生活習慣を振り返ってみると良いでしょう。

顔汗は食事で改善できるの? 

何故多汗症は食生活を改善することで治すことが出来ると言われているかというと、多くの人の原因が自律神経や女性ホルモンのバランスやストレスなどが関わっている傾向にあるからです。特に自律神経、女性ホルモンの場合は食生活の改善が重要となってきます。汗は交感神経が分泌する物資が汗腺を刺激することで出てくるわけですが、辛いものや酸っぱいもの、カフェインや脂が多い肉類は多汗の原因になりやすい食材と言われています。特に最後の肉類は肥満にもつながり多汗の原因になりますので注意が必要です。症状を和らげる食材として大豆製品、ハーブ、身体を冷やす野菜などが有効と言われています。大豆に含まれるイソフラボンは発汗作用に効果的で、女性ホルモンと似た作用を持っていることから崩れたホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。ハーブはリラックス効果があるので交感神経の働きを抑えることが出来ます。食事でなくともアロマオイルや入浴剤を使用しても構いません。身体を冷やす野菜は熱が籠りにくい体質をつくることで発汗を防ぎます。他にも自立神経を整える植物性エストロゲンが含まれる大葉やもやし、アボガドも有効ですので積極的に食事にとりいれていきましょう。

運動不足解消で顔汗を改善

実は運動と汗は密接な関係にあります。慢性的に運動不足だと汗がかくにくい体質になってしまうので注意が必要です。汗にもいい汗、悪い汗があり、前者はサラサラとした水のような汗で無臭ですが、後者は雑菌が繁殖しやすい状態にあり、悪臭を放つ特徴があります。この悪い汗は運動不足が原因で皮膚に張り巡らされている末梢血管が血行不良の状態となることで汗腺に対して酸素の供給不足が起きているのが原因です。また、運動不足は肥満傾向になりがちです。皮下脂肪が増えると体の中で発生した熱を放出しにくくなり、汗かきになってしまいます。体型はそんなに太っていなくても汗かきであると言う場合は内臓脂肪が多い可能性があります。このようなタイプを隠れ肥満と呼ばれ、痩せている人でも注意が必要です。汗かきは基本的に生活習慣を見直すことで改善する人が多いと言われています。そのため、運動もまた効果的です。特に毎日有酸素運動を行うことでいい汗をかくようになりますし、少し身体を動かしただけで汗がふき出てくるのを防ぐことも出来ます。ウォーキングや自転車など、ちょっとした運動を30分以上続けてみましょう。

子供の虫歯予防に選ばれる歯磨き粉
ブリアンについてはこちらのサイトで
詳しく紹介されています。
ブリアン歯磨き粉で子供の虫歯予防

顔に滝のような汗をかく原因 

顔から汗が出てくる場合、局所多汗症が当てはまり場合があります。ある日突然起きてしまってもおかしくない病気で、体温調整に必要な範囲を超えて以上に汗が出てくるのが特徴です。多汗症は個人によって様々な原因があると言われています。ストレスや気温上昇によりもの、また自律神経の変化や偏った食生活などが挙げられます。原因は異なっているものの、多汗症は基本的に生活習慣を改善することで治ると言われています。自力で治そうとする人はまず多汗症の正しく知ることが大切です。名前から誤解しがちですが多汗症は汗を多くかく人だけではありません。実はほかの人よりも汗をかく量が少ない傾向にあり、内臓が弱っている場合、脳のシグナルによって多量に汗をかいている場合も有りうるのです。また交感神経に異常がある人は汗をかくと同時にめまいやだるさ、疲労感を感じることもあります。人目につきやすい場所に汗をかくことで気にしすぎて多量に発汗してしまうことが原因の可能性もあるのです。対策としては温度調節を行うことが効果的です。女性の場合、化粧をする前に冷したタオルなどで首の後ろを抑えて冷やすと言いでしょう。

汗かきと代謝の関係

汗を沢山かく人は代謝が良いと言われていますが、実はこれは大きな間違いです。

代謝とは体の中の物質が科学的に変化して入れ替わることを言い、それに伴うエネルギーが出入りすることです。代謝が行われると熱が生まれることでその熱を逃がす為にヒトの身体は発汗するのです。

じゃあ汗をかいているからと言って必ずしも代謝が良いと断定することはできません。例えば冷え症の人は水分の摂りすぎなどが原因で排出しにくい体質のために、汗をかく傾向があります。また肥満も汗かきの原因の一つです。厚い皮下脂肪が断熱材となり体内に熱がこもりやすいため、体内調整を行うために発汗することがあります。よって代謝と汗かきは間接的な関係であると言えるのです。

先述のような原因の場合は日頃の運動を行うことで改善することが可能です。しかしこれもまた原因のひとつにすぎません。

例えば緊張やストレスなどで汗をかく人は緊張を緩和させるなどの精神的なリラックスが効果的ですし、肉や香辛料を多量に使った料理を好んで摂取することが原因な人は食生活の改善が効果的です。また、バセドウ病などに関連して汗かきである場合もありますから、注意しましょう。

私が使った
股の色素沈着を綺麗にするクリーム

汗かきの原因と対策

汗かきの原因の多くは精神的なものと言われています。人前に出たりするなどして普段と異なった精神状態になった時に起きるあがり症や赤面症などと同じものであることが多く、多汗症という病名がつくこともあります。この場合、対人緊張症と合併していることが多いので、コミュニケーションが出来るようになることで改善される傾向にあります。

精神的なリラックスをすることが大きなカギとなるわけですが、必要であればセミナーやカウンセリングを利用してみましょう。

対策としてはまず漢方を服用する方法が挙げられます。先述した通り、汗かきの原因として精神的な原因もありますが、肥満や食生活、自律神経など個人差があります。その原因を突き止めることで効果的な漢方を服用するのです。

自分でも手軽に出来る方法としてツボ押しがあります。例えば労宮と言う掌中央にあるツボは自律神経の働きを整えるツボですし、大包というわきの下にあるツボは汗を止める作用があるので押してみましょう。また顔の汗かきに困っている場合は首の後ろを冷やしたりするなどすると効果的です。

おでこの汗を止める制汗剤「サラフェ」

女性ホルモンと汗の関係

まずホルモンは大きく分けて女性、男性ホルモンに別れます。女性ホルモンは発汗を抑制する作用を持ちますが、男性ホルモンには反対に汗を促す作用があるのが基本的な働きです。しかし女性ホルモンは特に複雑で、更に分類すると黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類が存在しているのですが、発汗に対する役割がそれぞれ異なっているのです。

黄体ホルモンであるプロゲステロンは女性の生理に関するホルモンで、子宮筋や子宮内膜の働きを調節する役割を担っています。妊娠すると常に分泌され、妊娠状態の維持や基礎体温の上昇させる作用があります。

一方、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは排卵にかんするホルモンであり、卵巣や子宮の発達を促進させる役割を持ちます。そうして女性らしい体型をつくりだすのですが、更年期を迎えると排卵分泌されなくなるのが特徴です。黄体ホルモンは体温を高くする作用があるので、汗を多く出させる働きがあることがわかり、逆に卵巣ホルモンは汗を抑える働きがあることがわかります。

よって女性ホルモンの相互作用によって発汗の量に差が出るのです。生理前に汗を多くかくと感じるのは、黄体ホルモンの働きが優位になることが起因しています。では何故更年期にも汗が多く出るのかと言うと、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になるためです。女性ホルモンが原因の多汗は婦人科などで治療することが可能です。

人気のバストアップサプリ
シンデレラアップのレビューサイトです。
シンデレラアップの口コミレビュー