顔汗は食事で改善できるの?

何故多汗症は食生活を改善することで治すことが出来ると言われているかというと、多くの人の原因が自律神経や女性ホルモンのバランスやストレスなどが関わっている傾向にあるからです。特に自律神経、女性ホルモンの場合は食生活の改善が重要となってきます。汗は交感神経が分泌する物資が汗腺を刺激することで出てくるわけですが、辛いものや酸っぱいもの、カフェインや脂が多い肉類は多汗の原因になりやすい食材と言われています。特に最後の肉類は肥満にもつながり多汗の原因になりますので注意が必要です。症状を和らげる食材として大豆製品、ハーブ、身体を冷やす野菜などが有効と言われています。大豆に含まれるイソフラボンは発汗作用に効果的で、女性ホルモンと似た作用を持っていることから崩れたホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。ハーブはリラックス効果があるので交感神経の働きを抑えることが出来ます。食事でなくともアロマオイルや入浴剤を使用しても構いません。身体を冷やす野菜は熱が籠りにくい体質をつくることで発汗を防ぎます。他にも自立神経を整える植物性エストロゲンが含まれる大葉やもやし、アボガドも有効ですので積極的に食事にとりいれていきましょう。北国の恵み関節痛に悩む人のためのサプリメント